●PC-98目次


私のマシン選び(98年春・独断と偏見編)


 パソコンの選び方等では、なるべくその時に左右されないある程度普遍的なお話にしました。しかし、自分が購入するとなると話はそれだけでは済みません。そこで、ここでは私自身のパソコン購入について書いてみました。なおこの文章はあくまでも98年春時点でのお話です。また、これは私自身の個人的意見なので独断と偏見に満ち充ちていますのでご注意下さい。まあ、パソコンはパーソナルなものなので自分の気に入るのが何といっても一番でしょう。

新機種購入にあたって
 プロフィールの使用マシンをご覧になった方はご存知だと思いますが、私のメインマシンはPC-9821です。P54Cですがそれ程不満を感じている訳ではありません。では、何故新機種購入しようと思ったかというと、自分なりの予定ではメインのPC-9821 Xt13/K12にintelのMMXオーバードライブ(200Mhz)を載せてもう暫く使うつもりでいました。ところが、intelの動作対象機にはXt13は含まれていません。IDEをはずしてALL SCSI化すればMMX化出来るとは知っていても、webページ作りとメンテナンスに追われ、そこまでする余裕がありません。また、IE4.0やWin98β等をメインマシンで動作させる程の蛮勇も持ち合わせていません。今さら自ら進んで地雷を踏むのは気が進みません。しかし、自分のページの確認にはIE4環境が必要になります。もちろん、別なHDDにもう一つ実験用の環境を作るか、Ap2を実験用にすれば済みますが、AMD5x86 133MhzではActive Desktopが実用になるとは思えません。そこで、新機種を購入する事にしました。

どちらのOSにするか?
 まず、Mac OSにするか、MS-Windowsマシンにするかの選択です。UNIXという選択も無いわけではありませんが、通常私の使用する用途では必要ありません。そのうちにFreeBSD等で遊びたいとは思っていますけど。
 さて、Mac OSマシンはPIONEERの次期マシンか、CHRPなマザーボードとパーツから組み立てたマシンにしようと思っていました。しかし、Appleにジョブスが帰ってきて互換機市場とCHRPを潰してしまいました。残るはAppleマシンですが、私自身リンゴマークへの思い入れは全く無く、むしろアップルジャパンの7.5から7.5.1へのバグフィックスに金を取るようなサポートに不信の念を抱いてました。それにいくらG3が速いといってもフリーズや爆弾が出れば速さも何もありません。こうして今回はMac OSという選択肢が消えます。(まあ、603eでPCIなマシンが持ってけ泥棒価格になれば購入するかもしれません。)

どの機種にするか?
 Windowsマシンという事になると、PC-9821かOADG機(いわゆるDOS/Vマシン)かPC98-NXか自分での組立という事になります。元々98使いなので余程のメリットが無ければ乗り換えたくはありません。
 なお、今回はノートでなくデスクトップ機が対象です。技術的にも値段的にも枯れていない最新、最速のハイエンド機は食指が動きません。
 自分での組立は作業的には出来るとは思いますが、パーツ選びから相性などの情報収集に費やす時間がありません。週に1度以上秋葉原を巡回するひまもないので見送ります。SHOPブランドも昔ほど安いわけでは無く、ケースのデザイン等好きになれないのでパスです。
 そうなると、吊しのマシンという事になります。ところが、OADG機はどれもこれも金太郎飴のように画一的で、intelかAcer(最近はASUSTekも)のOEMマザーにガワだけつけて一丁上がりといった感じです。ノートPCに比べ自社でマザーボードを作っているメーカーは数える程です。さらに、最近のパソコン売り上げ低下を受けてデスクトップ市場から撤退するメーカーまで出てきました。この様な片手間でやってるメーカーのマシンは超激安処分価格でもないと手に入れる気もしません。また、慣れ親しんだ9821のマルチブートはPC/ATでは妙なユーティリティーソフト無しには実現出来ず、キーボードも使いにくい109キーボードばかりです。また、個性的云々を言うのであれば、世界でも唯一PC/AT互換機以外でWin98とNT5.0が走るアーキテクチャはPC-9821しか有りません。PC/AT互換機で個性云々しても所詮は井の中の蛙です。となると、やはりPC-9821という事になります。
 本来、次のマシンはベースクロック100Mhzの第2世代Chipsetsに切り替わり、Windows98がプリインストールされたマシンかSlot2でNT5.0プリインストールマシンにしようかと思っていました。ところが、皆さんご存知の様にNECがPC98-NXを発表後、PC-9821の新機種に熱を入れない様になりました。NXはポリシーとしては立派でも今すぐ買わなければいけないという事はありません。サウスブリッジチップ以下に内部的なレガシーデバイス(ISAバス)が無くなって、名実共にPC/ATとの互換性が無くなってからで充分です。それに引き替え、PC-9821は今購入しておかないと市場に欲しいタマが無くなってしまう可能性があります。となれば購入予定を繰り上げてでも買う価値があります。一部の人は次世代OSへの対応云々を口にしますが、Win98やNT5.0まではNECも作ります。その先のOSについてはこれまでのMicrosoftを見ていれば判るように遅れるに決まっています。まず2000年より前に出てくる事は無いでしょう。それにどのみちその先のOSが快適に走るスペックはPC/ATだろうと現行のマシンでは満たせない可能性大です。PC2000なんぞといったそのうち出てくる規格が快適ラインかも知れません。なによ りそんな先の事まで考えてもキリがありません。

マシン選択
 さて、PC-9821でもどのモデルにするかという事になります。現行のモデルにするか一つ前の型落ちにするかです。しかしPC98-NX発表と同時に発表されたPC-9821はどれもピンときません。また、価格がこなれてもいません。そこで97年モデルにします。最初に狙ったのは、サーバを除くハイエンドマシンであるRvII26です。しかし、秋葉原を廻っても目にする事はありません。お店に聞くと1月くらいには有ったとの事でどうやら出遅れたようです。そこでPentiumIIマシンは止めにする事にします。Today's RemarkにあるようにPentium IIやそのマザーボードには種々の問題点があります。P-5の載っていたSoket4の様に先行きの無いアーキテクチャという事になってしまう事も考えられます。そう思って自分を納得させました。でもこの先新製品に魅力が感じられなければRvII26かRsII26は何としても手に入れたいものです。これに118音源とNECのPK-UG-X003(PERMEDIA2)を増設し、CPUを300MhzのDualにすれば現時点では最強の98となる事でしょう。
 次に狙うはVALUE STARです。出たての頃はMateの廉価版の趣があり、あまり触手を伸ばしたいマシンでは有りませんでしたが、CPUがP54CからP55Cに替わった頃からなかなかハイスペックになってきてます。USBポートとSDRAMというのもそそられます。しかし、カタログでスペックを細かく見ると制限が見えてきます。まず、VRAM4MBのマシンは限られています。それにデスクトップではDIMMソケットが一つしかなく、メモリ増設はSIMMで行う事になりメモリアクセスが遅くなります。
 そうなるとV200M7modelH2/J2というCD-R装備のものかV233M7modelVE2/F2というDVD-ROM装備のものになります。これらのモデルは添付の17インチディスプレイもクロマクリア管を使用した従来のものより高級なものになっています。そこで、このうちのどれを選ぶかという事になります。
 DVD-RAMは大本命のDVD-ROMの動静が掴めなく、先物買いになりそうです。また、VE2,VF2はPCIのISDNボード装備ですが、すでにルータを使用している私にしてみると、モデムもISDNボードも不要です。CPUはたかだか33Mhzの差ではベンチマークを取らない限り、体感ではあまり変わりません。Soket7であればそのうちにAMD K6等への換装も出来るでしょう。
 といった訳でV200M7modelH2/J2という事にしました。Word/Exceにするか一太郎にするかはどちらも既に持っていますし、ここのところ普段は使わないのでどちらでもいいという事になります。
 このV200M7H2/J2は97年夏モデルですが、秋に発売された98VALUE STARではVRAM容量が4MBのものはありません。しかもIE4.0がデフォルトでインストールされています。これもまた現行モデルに魅力を感じないところです。また、VALUESTAR NXと比べると、NXのP55Cモデルは明らかにスペックを削ってあり買う気が起きません。ビデオチップ、空きベイ、HDD容量等ローエンドというのがはっきりしてます。
 V200M7H2/J2は、CD-R標準装備に加え、USB接続デジタルビデオカメラ、TV電話ソフト、はてはMicrosoft SideWinderゲームパッドまで付いているというてんこ盛りぶりです。これらを別々に買い揃えるだけでも数万円はかかります。それがCPUスペックに引きずられて価格低下しているのでお買い得というところでしょう。

いざ、購入
 型落ちモデル購入の場合にはカタログやネット上での情報収集だけでなく、実際に秋葉原などへ出かけてどのモデルがタマがあり、どの位の相場かを見ないとなりません。9821を扱っているお店は何軒もありますが、型落ちに強いところとそうでもないところがあります。数軒のお店を見て回り、駅前のラジオ会館にあるFIRST POINTで購入しました。H2モデルの在庫は無く、J2モデルになります。価格は定価503,000円が消費税、配送料込みで20万円台前半というところでした。


●PC-98目次