●home ●電脳、電網よもやま話目次 ●PC-98目次 


有ったら欲しい製品・その2・いぢれるPC-98


はじめに
 NECのパソコンはフルラインナップが特徴です。サーバなどのハイエンドからローエンドまで、タワー、デスクトップ、一体型、ノート、サブノート、液晶デスクトップと隙のないモデル構成になっています。これはPC-98の頃から98NXになっても同様です。他のメーカーが新しいカテゴリの製品を発売すると、必ず対抗商品を発売してきました。古くはDYNABOOK対抗の98NOTEから最近のVAIOもどきまで例は数々有ります。また、この様なフルラインナップだからこそ国内シェア1位を維持してきたと言えます。

ラインナップの穴
 しかし、そのラインナップにも隙は有ります。その一つはカスタムメイドでしたが、MateNXでBTOが導入されて達成されました。もう一つは最近巷で流行っているパソコンの組立です。
 箱売りが基本のNECでは現在は完成品が主体です。最近のパソコンではメモリを少し増設してやれば何不自由なくWindows9Xが走ります。しかし、Windowsが流行する前のMS-DOS華やかりし頃やWindows3.1主体の頃までは、PC-98にもフレームモデルが多く、本体以外にメモリやHDDを購入するのが当たり前で、WindowsアクセラレータやCD-ROMなどを後から拡張していました。本来、MS-DOSがターゲットであったFellowなどを拡張してWindowsを走らせていた方も多いと思います。
 DOS/V OSやPC/AT互換機が一般に普及しだして来ると、ショップでマザーボード、ケース、CPU,HDD,SIMM等をバラで購入してきて自分で組み立てるという組立マシンに手を出す人も増えてきました。この組立自体は拡張や改造の延長とも言え、現在ではすっかり一定のマーケットを占めています。
 PC-98では386マシンでのCyrix486への載せ換えから始まったCPU換装とクロックアップが改造の定番です。拡張や改造も確かに面白いですが、最近のDIYパソコンのニーズを完全に満たせるまでは至りません。

もう一度フレームモデルを
 PC-9801の頃からA-Mateの頃まではHDD内蔵のWindowsプリインストールモデルよりもHDDもCD-ROMも無く、OSすら付いていないフレームモデルがラインナップに結構ありました。初心者では無いパワーユーザーや、買い換えユーザーはこれらのフレームモデルをサードパーティーの拡張機器で自分なりに拡張していく事が多かったと思います。高機能型MateであるA-Mateでも、フレームモデルのAs2/U2を拡張して最高峰のAp2/C9T相当まで拡張する事も可能でした。NEC純正でなく、サードパーティーのパーツを様々に組み合わせて安くあげるという楽しみが有りました。しかし、X-Mateからはフレームモデルの数も少なくなり、Xa/U1やXf/U1の後はXB10/Fが有るのみです。これでは、フレームモデルを拡張して自分なりのモデルに育てていくという楽しみが有りま せん。
 そして、NECの主力ラインナップがNXに切り替わった今、もう一度PC-9821のフレームモデルの登場を願います。全て込みの完成されたモノでは無く、ユーザーが自分勝手に拡張する楽しみをもう一度味会わせて欲しいと思います。
 このフレームモデルはMS-DOS資産を運用するのにも適していますし、98のヘビーユーザーにもきっと歓迎されるでしょう。また、サードパーティーにしても何も付いていなければ、ユーザが拡張するという事でPC-98向けの周辺機器の売り上げ増につながり、ひいては少なくなるPC-98の周辺機器の新製品開発にもつながります。

PC-98ベアボーンキット
 さらに、PC-98のフレームモデルならぬベアボーンキットがあればと思います。すでにNECの主力はNXに移っています。NXのキットではPC/AT互換機のキットと大差無く今一つ面白みに欠けます。また、ショップブランドなどのキットと価格競争に陥る可能性大です。そこで、差別化のためにPC-98ベアボーンキットとなります。フレームモデルで少量のメモリと遅いCPUを載せているだけでは魅力に欠ける上、拡張の際に捨てなければならない可能性が有ります。メモリも以前より値下がりしている事もあるので、フレームモデルでも64MBくらい有るのが望ましいでしょう。
 このPC-98組立キットは以前にセイコーエプソンが98互換機を出していた時に発売されないものかと思いました。98バイオスはNECとエプソンが保有してますので可能ではありました。しかし、エプソンは98互換機から手を引き、後には98/Vというエミュレータを残しただけでした。一方のNECもPC-98から98NXにシフトしたので、PC-98キットを発売する事での主力NXへの影響は小さくなります。ユーザーに組立を任せる事での保証については、メルコのMTCブランド同様、WWW上やFAXのみですれば負担は減ります。

スペック
 内容としてはいぢりがいのあるSoket7ベースと最新最速を目指すSlot1ベースが考えられます。

1.PCIチップセット
 まず、チップセットが問題です。98で使われているPCIチップセットはintelのモノが多く、一部にVLSIやRCCのものが有ります。Slot1であれば98年秋なら440GXという様にその時点でのintelの最新チップセットで決まりでしょう。ベースクロックも100Mhzと66Mhzサポートで問題無いでしょう。その他に隠し設定で103,112,133Mhzまであればマニアの皆さんも満足出来ると思います。
 Socket7ではintel自身が430TX以降は新しいチップセットを発表していません。互換チップセットベンダのものならばベース100MhzやAGPにも対応していますが、安定性を考えると最初はintelにすべきでしょう。それに430TXであればNXでも採用されているので、調達や設計もスムーズに行くと思います。ベースクロックは66Mhz以外にジャンパで75,83Mhzくらいの設定が有ると楽しいかと思います。その場合にはチップセットにヒートシンクが必要でしょう。フレームモデルであれば隠し設定としておきます。
 98ではサウスブリッジにNEC製のSTAR ALPHAというCバスブリッジチップを採用しています。これは、STAR ALPHA2でもIDEの転送速度がPIO Mode3までしか対応していないので、ULTRA ATA/33対応のSTAR ALPHA3を新製して欲しいものです。しかし、生産ロット数が少ない場合は新規にチップを起こすと割高になるのでその場合にはSTAR ALPHA2という事になります。その場合には、オンボードでAdapteck2940U互換のULTRA SCSIインターフェイスの搭載が望まれます。

2.ケース
 98らしいデスクトップケースも捨てがたいものがありますが、対象ユーザ層からすると拡張性の高いタワー型ケースという事になります。フロッピーは98専用の3モードを専用ベイに付けます。他の拡張ベイは5インチファイルベイ×3、HDD用の3.5インチシャドウベイ×2のミドルタワーあたりで良いでしょう。HDD用のベイにはHDD取付金具も標準で装備しておきます。出来れば、Xtシリーズの様にHDD専用ファンの装備が望まれます。コストダウンを計るとするとRv、XvやMMX ValueStarなどのケースを流用するのも考えられます。電源は最低でも300W欲しいところです。ATX電源でよろしいでしょう。なお、削られてしまったリセットスイッチは是非とも復活させたいものです。

3.拡張バス、ポート
 Slot1のマシンはAGP×1、PCI×4、Cバス×3〜4で、Socket7の場合はPCI×5、Cバス×3〜4は欲しいところです。ケースの関係上PCIバスを削るなら、UlTRA SCSIと100Base-TXをオンボードにするべきでしょう。その他にUSBポートは必須でケース背面と前面の両方に欲しいところです。あとは、パラレル、シリアルX2、マウス(バスマウス)、そしてRGB IN、RGB OUTといったところでしょう。

4.対応CPU、BIOS
 BIOSはSlot1ではPentiumII233Mhz〜450Mhz、Celeron266〜333Mhz対応、Socket7ではClassic Pentium(P54C)、MMX Pentium(P55C)、AMD K6及びK6-2、Cyrix 6X86〜MII、IDT C6/C6-2対応でCPU IDによる自動設定かジャンパまたはディップスイッチによる0.1Vきざみで電圧及びキャッシュ制御の切り替えが出来ればOKでしょう。Slot1ならば21番ピンの無効化もBIOSで出来るとよろしいでしょう。
 Socket7のフレームモデルの場合、P55Cが手当出来ればP55C、そうでなければAMD K6-2あたりを搭載しておくのが良いかも知れません。
 その後、intelより組み込み用のP55Cが出ました。フレームモデルならばこれの266Mhz版搭載で良いでしょう。
5.メモリ
 メインメモリは当然シンクロナスの168pinDIMMでしょう。ECC対応にして信頼性を上げるのも良いと思います。DIMMソケットは256MB対応で4本あれば十二分でしょう。Socket7マシンでのセカンドキャッシュは1MB欲しい所です。その他に98DOSモード用のVRAMが512KB必要になります。

6.動作保証OS
 MS-DOS6.2、Windows98、WindowsNT4.0、そしてWindowsNT5.0とします。パッケージ版Windows95での動作保証は切り捨てます。パッチやドライバはCD-ROMで添付すればOKでしょう。

7.価格設定
 一般のコンシューマ向けにTVCMや雑誌広告をバンバン打つ商品では有りません。あくまでコアな98ユーザやMS-DOS資産運用ユーザ向けと考えると多少高くなっても仕方が無いかと思います。しかし、フレ−ムモデルでも実売で10万を超えない様にして欲しい物です。

8.マニュアル
 NECの製品には懇切丁寧なマニュアルがついてきます。その他にウェブテクノロジあたりの非公式マニュアルなども付属させるか別売するとマニアな方に喜ばれるかと思います。

9.名称
 日本のコンピュータ業界で最初に組立キットを発売したのはNECです。そのマイコンキットTK-80にあやかって、TK-9821又はPC-9821TKというのはいかがでしょうか?

NECに作れるのか?
 政策的な事からいうとNECはNXに移行したがっています。しかし、PC-98のニーズが無くなった訳では有りませんのでそれなりの需要はあると考えられます。NEC本体で無理ならNECホームエレクトロニクスあたりでやる事も考えられます。開発に関しては、主力はNXに移ったにしても、NECの開発部隊は一つでは有りません。現在であれば、Expressにその任を譲ったMateサーバーの開発チームあたりが適任かもしれません。モノ自体はWin98でのACPIなどのPC98規格に完全対応をしなければ十分開発可能でしょう。

はたして出るのか?
 筆者は市井のしがないPC-98ユーザに過ぎません。日本を代表するパソコンメーカーの商品戦略まではわかりません。単なるヨタ話と聞き流して下さい。でも、もし出たらもちろん買います。  

●home ●電脳、電網よもやま話目次 ●PC-98目次