●PC-98目次 


PC-9821液晶マシンの系譜(ノートを除く)


はじめに
98年にはNECを初めとするメーカー各社から液晶モニタセットや液晶一体型デスクトップマシンが数多く発売され大ヒットしています。これらのマシンも突然出てきた訳では無くルーツがあります。PC-9821にはノート以外で省スペースの為に液晶モニタを採用した機種がいくつかあります。あまり知られておらず異端機とも言えるこれらの機種を追ってみましょう。

先史時代
ノート発売以前のラップトップマシンはPC-98LTから始まりLV,LS,LXなどの様々なバリエーションが展開します。その系譜についてはこちらを参照して下さい。ここではノート発売後の省スペースデスクトップと言えるラップトップマシンを見てみましょう。
PC-9821
93年1月にWindows3.1 readyマシンとしてPC-9821 Mateが登場します。液晶マシンも640×480ドット以上の解像度と256色以上表示の9821アーキテクチャに切り替わります。Tsを除きフルカラー表示が可能で、ノートと異なりモノクロ機種は存在しません。 こうしてみると、デスクトップやノートに比べ機種の少なさが目に付きます。液晶パネルに起因する高価格が普及を妨げていたのかもしれません。
おまけ・PC98-NX
 NECのラインナップがNXに切り替わり、しばらくはFine NXというFineの後継機のみでしたが、ValueSterNXに液晶ディスプレイセットモデルが登場し、その後ノートベースのBOXレスモデルが登場しました。もはや異端機ではなくすっかりNXの中核になった様です。

●PC-98目次