●PC-98目次 ●ValueStarの系譜その1


PC-9821 ValueStarの系譜・その2

P55C/MMX搭載機と兄弟機Mate Xc


MMX ValueStar(初代)
 97年に入ってMMX Pentium(P55C)デビューに伴い、1月にValueStarにも搭載機種が出ます。型番はV166,200等の3桁型番を持ちます。全機種にUSBポートが付きます。その他の共通スペックは、GAがMatorox MGA-1064SG、メモリ32MB(SDRAM)となります。メモリスロットはデスクトップではDIMM1本、SIMM2本、タワーではDIMM2本、SIMM2本(DIMM2本目と排他利用)です。また、サウンド機能がPCMだけでなく、PC98-118同等の拡張FM音源を持つ様になります。スピーカーも内蔵モノラルから外付けステレオに変わります。また、スタンド付きマイクも付属します。内蔵モデムは33.6kは変わりませんが、ボイス機能、ハンズフリー電話機能やWake-Up On Ring機能に対応しています。それに応じて98TELFAXというソフトも追加されます。PCIチップセットはIntel 430VXです。
 なお、MMX CPU搭載に伴い、バンドルアプリケーションもソフトウェアMIDI(Roland VSC-88)や電脳戦機バーチャロン(セガ)などMMX対応ソフトが、音源強化により作曲やカラオケなどの音楽ソフトが加わりました。その他にアルバム工房(Light版)もまた、インストールOSがWindows95 OSR2になっています。modelC,E,Hが一太郎+1-2-3、modelD,F,JがExel&Wordモデルです。
 カタログ表紙には竹中直人の脇に「スゴイを実感」とあり、下方には「It's My Only One」とあります。次のページには「さあ、マルチメディアパーティーをはじめよう。」とあります。

MMX ValueStar(青札モデル) 写真
 97年5月、MMX(P55C)搭載ValueStarの2代目が出ます。デスクトップ、タワーともに筐体デザインが変更となり、VALUESTARやV200などという文字の入った青いエンブレムが筐体中央部に付き、これ以降のモデルは通称「青札」と呼ばれます。付属のスピーカーも筐体デザインなどの変更を受け、青いネットに変わります。なお、型番の後ろにC2,D2などと2が付きます。付属のCRTも、シャドウマスクのものがクロマクリア管と同様のデザインに変わっています。(D152) これらのスピーカーやCRTはValueStar-NXの初期モデルにも採用されています。バンドルアプリケーションもExel&Word(modelD2,F2,J2)が97に、一太郎がVer8、1-2-3 97(modelC2,E2,H2)へとバージョンアップしています。また、WWW高速ナビソフトのジェットサーファーもバンドルされ、英文翻訳ソフトが翻訳アダプタIIに変わります。P55C搭載機のCD-ROMは最大20倍速(平均14倍速)に高速化されます。P54C搭載モデルも筐体がP55C搭載機と同一になります。
 カタログ表紙には「本気にさせるぜ」とあり、次のページには「先進機能フル装備。バリュースターはいつも時代に敏感です。」とあります。

PC-98 ValueStar最終モデル カタログ Q&A
 97年10月、PC98-NXと同時に発売されたモデルです。プリインストールされたInternet Explorerが4.0になり、一太郎モデルの表計算ソフトがLotus1-2-3でなく一太郎Officeという形になります。また、添付ゲームが電脳戦機バーチャロンからバーチャファイター2に変わります。メールソフトのしゃべっていいメールもバンドルされます。
 モデル数は大幅に整理され、CD-R+TV電話モデル、CRT無しモデル、DVDモデル、P54CモデルやV166は無くなりました。全てのモデルがVRAM 2MBです。なお、これら最終モデルはWindows98無料アップグレードの対象になりました。カタログ表紙には「PC-9800シリーズの資産を受け継いだ先進機能満載のバリュースター」とあります。もはや竹中直人も表紙で微笑んでいません。

Mate-Xc ValueStarの兄弟機
ValueStarはコンシューマ向けという位置づけですが、MateXの中には兄弟機とも呼べる仕様のモデルがあります。96年夏にMate X CRTセットモデルが「オールインワンモデル」という形で復活します。これらのモデルは本体とCRTがセットでワープロ、表計算ソフトがプリインストールされ、PCIバスに100Base-TXのLANが標準搭載されています。これは、ValueStarがモデム又はISDNなどの通信機能を内蔵してコンシューマ向けにシフトしたのに伴って企業向けの導入に適さなくなったのと、企業での社内LAN(イントラネット)構築用にMateシリーズに100Base-Tを標準装備した動きに対応したもので、企業でのクライアントマシンの大量導入のためのモデルです。
 これらのモデルはXc型番を持ち、ValueStarのモデルチェンジに併せて変化しています。筐体デザインもValueStarP54C搭載モデルと共通です。但しValueStarに比べて最新CPUの採用は遅れています。ValueStarと同様にmodelAが一太郎+1-2-3モデル、modelBがExel&Wordモデルとなります。全てのモデルの音源はPCMのみで256KBセカンドキャッシュです。初代Xc付属CRTはD151,D171ですが、A2,B2以降のタワーモデルに付属する17インチCRTは新設計の全長短縮タイプです。

おまけ ValueStar NX
 NECがPC-9821からPC98-NXに切り替えた時、主力機種のコンシューマ向けValueStarもNXベースとなりました。既にNECはコンシューマ向けのPC-98新製品は出さないと発表しました。98年に入り、液晶モニタセットモデルを出し、最近ではノート用基盤を採用したBOXレスモデルも出ました。Win98を境にCMキャラクターも中山美穂に変わりました。これからもNECの主力機種の一つとして発展していく事でしょう。


●PC-98目次 ●ValueStarの系譜その1